山本真山(尺八演奏家)



1963年 東京に生まれる。7歳より父・山本邦山に師事。

1983年 都山流尺八准師範試験主席登第。その後ステージデビュー。

1985年 韓国ソウルにて「日本音楽の夕」に参加。

1986年 「グループ竹」第一回演奏会開催。都山流師範試験主席登第。

1987年 第十八回「唯是震一箏・三弦リサイタル」ファミリーコンサートに出演。(以後、今年までW、Y、Z、[、\に出演) 「グループ竹」第二回演奏会

            催。山本邦山作品集レコード(ビクター)にて尺八二重奏曲「竹」他、多数共演。

1988年 宮城会アメリカ公演に随行。山本邦山リサイタル(ファミリーコンサート)に出演。

1989年 水野音楽事務所製作フレッシュコンサートU、W、X、Yに出演。(ゲスト・沢井忠夫・安藤政輝・山本邦山) 歌舞伎座において市川猿之助公演

            「黒塚」に演奏参加。

1990年 ISME1990(フィンランド)に安藤政輝・砂崎知子・大浦美紀子と参加。国際交流基金の派遣により、カナダ公演。(本條秀太郎他4名)

1991年 国際交流基金の派遣により、中南米・アメリカ公演(安藤政輝社中、ぐるーぷ輝)

1993年 日独文化協会主催ドイツ・スイス公演。(増山美知子リサイタル・牧瀬裕理子と共演) 都山流尺八楽会大師範に昇格。

1994年 国立劇場主宰「明日をになう新進の舞踊邦楽鑑賞会」に出演。文化庁助成公演「三曲−伝統と現代の光彩」に出演。以後3年連続出演。

1995年 宮城会ブラジル公演に随行。12月第一回山本真山尺八リサイタル、芝公園ABCホール開催。

2007年 シンガポールにてシンガポールチャイニーズオーケストラと「天空の舞」(松下功作曲)を共演。

中央大学文学部文学科仏文学科卒業。NHK邦楽技能者育成会卒業。

現在、都山流尺八楽会竹琳軒、都山流邦山会会員、(社)日本三曲協会会員、現代邦楽作曲家連盟会員。東京芸術大学非常勤講師。