山本邦山プロフィール



1937年 10月6日滋賀県大津市に生まれる。

1943年 父、初代山本邦山に尺八の手ほどきを受く。

1946年 中西蝶山師に尺八を学ぶ。

1958年 京都外国語大学英文科卒業。同年10月パリ・ユネスコ本部主催世界民族音楽祭に日本代 表として参加。

1959年 第1回尺八リサイタル。(滋賀会館大ホール)

1962年 正派音楽院楽理科卒業。同年7月、東京新聞社主催・邦楽コンクール作曲部門に尺八二重奏「竹」発表、第1位

1969年 第2回尺八リサイタル、尺八「三本会」レコード芸術祭優秀賞受賞。

1970年 NHK優秀賞、日本三曲協会賞受賞。

1972年 第4回尺八リサイタル、芸術祭優秀賞受賞。日本ビクターRCAレコード奨励賞受賞。

1973年 第5回尺八リサイタル、芸術祭優秀賞受賞。ヴィバルディ合奏団と再度イギリス、西ドイツ18箇所公演。

1975年 昭和49年度芸術選奨文部大臣賞受賞。外務省派遣アスパック音楽祭参加。

1976年 第1回滋賀県文化奨励賞受賞。東京フィルハーモニー交響楽団とNHK委嘱、広瀬量平作曲(尺八と管弦楽のための協奏曲)共演録音、尾高賞

            受賞、初演指揮者、荒谷俊治。

1977年 東京芸術大学講師に就任。国際交流基金により東京ヴィバルディ合奏団と3回目のヨーロッパ公演。NHK交響楽団定期公演に尾高賞作品(尺八

            協奏曲)を岩城宏之指揮にて8回共演。また同指揮者と札幌交響楽団とも共演。NHK委嘱「韻」芸術祭優秀賞受賞。

1978年 インド・シタール奏者ラビ・シャンカールと共演。NHK委嘱「現代鈴慕」芸術祭優秀賞受賞。

1979年 第10回尺八リサイタルを中央会館にて自作「三籟」、フルート奏者ジャンピエール・ランパルと共演。映画「悪魔が来りて笛を吹く」の音楽担当。

1980年 ビクターより山本邦山作品集成(5枚)録音。日本フィルハーモニ―交響楽団と「レクイエム・シャーンティ」を渡辺暁雄指揮にて共演。映画「魔界転

            生」の音楽担当。

1982年 ドイツ・ドナウエシンゲン現代音楽祭に参加。タイ国親善のためバンコックAUAホールにて自作「秋」を演奏。昭和57年度都山賞及功労賞を受

            賞。

1983年 台北市芸術節に参加。(都山流より派遣)

1984年 NHK交響楽団、指揮外山雄三と尺八協奏曲共演。NDR(ドイツテレビ)邦山ドキュメント映画製作。6月西ドイツ、バーデンバーデン世界音楽祭に

            参加。自作「風」を発表。

1985年 西ドイツ・ベルリン・ウィーン始め8ヵ所、山下洋輔(ピアノ)と共演。韓国(ソウル)シエラトン・アートセンターにてリサイタル開催。角川映画「オイディ

            プスの刃」、TBSドラマ「はらはらと雪月花」音楽担当。

1986年 9月、東宝、山本富士子公演「お与津御寮人」の邦楽担当。

1987年 LP「宙CHU−山本邦山 尺八2001」(コロンビア)61年度文化庁芸術作品賞受賞。

1988年 都山流功労賞を受く。外務省広報部海外向け製作「現代の顔、山本邦山」映画コンクール審査長特別賞受賞。国際交流基金により、山本邦山オ

            セアニアツアー(オーストラリア、ニュージーランド各8カ所)公演。

1989年 12月23日都市センターホールにて開軒35周年記念演奏会開催。

1990年 3月平成元年度第11回松尾芸能賞受賞。

1991年 1月ミュージック・フロム・ジャパン招聘、ワシントン、ニューヨークにてリサイタル開催。10月モービル音楽賞受賞。

1992年 11月国際交流基金、ニューヨーク、ロスアンゼルス、シアトル、シカゴ、ホノルル等6ヵ所公演。

1993年 6月パリ、東南アジア音楽祭にヘレン・メリル、佐藤允彦、ゲーリー・ピーコックと共演参加。

1994年 11月ウィーン(クンスト・ハ―レ・クレムス)の音楽祭に参加。ホルフガング・ミッチラ―とライブ録音。(社)日本三曲協会常任理事に就任。

1995年 6月文化庁助成、再度ウィーン始めロンドン、パリ、リール、ドイツ各地公演、オーストリアのチロルでCD録音。

1996年 7月国際音楽教育会議主催。オランダ、アムステルダムにおいて公演する。京都市交響楽団と共演。

1997年 1月ウィーンにてパイプオルガン、パリに手マリンバとデュオCD録音。ウィーンでのCD「遥かなる地より」世界発売。9月韓国ソウル(国楽院)にてア

            ジアミュージック祭に参加。11月パリ他4ヵ所にてコンサート。ブルガリア国立文化ホールにて音楽祭参加。スペイン(マドリード)にてCD録音(世界

            発売)。大津市特別文化賞受賞。

1998年 7月アメリカ(コロラド州)、ボルダーにて国際尺八フェスティバルにゲストとして参加。9月ニューヨーク、カーネギーホールにて第4回「日本の祭典」

            にゲストとして参加。12月日中交流協会の招きで、北京、上海、他参加。

2000年 1月東京都交響楽楽団第502回定期公演に「尺八協奏曲」共演(東京文化会館)。7月出版芸術社より「尺八演奏論」出版。8月第25回滋賀県文

            化賞受賞。

2001年 12月東京都交響楽団と再度「尺八協奏曲」共演。

2002年 7月8日重要無形文化財保持者認定(人間国宝)。

2004年 4月29日紫綬褒章受章。

2005年 4月1日東京芸術大学名誉教授の称号を受く。

2006年 10月韓国(ソウル)にて日韓交流フェスティバルに響ホール室内楽奏団と、尺八と室内楽のための作品を共演(松下功作曲)。

2007年 6月シンガポールにてシンガポールチャイニーズオーケストラと松下功作曲「天空の舞」を共演。

2009年 4月再度シンガポールにてオーケストラと共演。9月ニューヨーク、カーネギーホール、「日本の祭典」にゲスト出演。11月旭日小綬章を受く。

現 在 (財)都山流尺八楽会専務理事、現代邦楽作曲家連盟事務局長、滋賀県三曲協会会長、(社)日本三曲協会副会長、(財)日本伝統文化振興財団理事、都山流邦山会会長。